FC2ブログ

ハスキー犬・ボクの名前はベアー

2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

No1--愛犬との別れ

13年と6ヶ月、愛犬ベアーと一緒に暮らした日々。いつも、そばにいてくれた。つらい時や悲しいときはじーっと顔を見て、時には、手を差し伸べて、励ましてくれた。楽しい時は思いっきりの笑顔で一緒に喜んでくれた。かけがえのない家族だった。
BEAR71.jpg


別れは突然やってきた。初夏にしては暑い日だった。その日の朝は普段と変わりなく散歩に行き、ゴハンも食べ、「じゃ、仕事にいってくるからね。」と言って出かけた。夕方、戻ると、いつも玄関まで迎えにきてくれるのにその日は姿がなかった。「おかしい、何かあったか・・・」いやな胸騒ぎ。ベアーはすわったまま、立ち上がることが出来なかった。原因?わからない・・・13歳という歳がそうさせたかもしれないし、例年にない暑さのためかもしれない。そして最後の時を一緒に居てあげられなかったことが悔やまれてならない。病院に連れていってしまい、病院でひとり天国に旅立たせてしまったのだ。私の腕の中でやすらかに眠らせてあげればよかった。ごめんね。ごめんね・・・。
BEAR74.jpg


次の日からは「ただいまー」って帰っても、ベアーはいつものように迎えてくれなかった。家はひっそりとしていた。部屋に入り、白い百合の花に囲まれたベアーの遺骨に目をやる。涙がとまらない。
ベアーとの出会いはペットショップの片隅。「差し上げます」という貼紙と共に。まん丸の目で私を見た。そして、我家の家族になった。
ほんとうにありがとう。たくさんの想い出を・・・。2004年6月30日お星様になりました。
スポンサーサイト



| ハスキー犬 | 10:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |